PR

株式投資

19年3月総資産~配当金3万円に迫る~

投稿日:2019-03-31 更新日:

Snowゆうぞうです。

3月も終わって明日から新年度ですね。

毎月の資産確認です。3月も株式市場は好況で、2月に続いて恩恵を受けることができています。

■保有総資産と資産推移

3月31日現在の総資産は13,206,539円でした。2月末と比較して14万円の増加です。増加要因は先月に引き続き米国株の評価益増加が主因です。過去の資産推移はこちらです。ブログを始めた17年8月と比較してもうすぐ2倍というところまで来ました。

アラサー東大卒のゆとり節約生活 

■保有株式

3月末現在の保有株一覧です。3月の変更点は保有数量と平均取得額を赤字にしています。3月は個別株への新規購入なし、Visaを15株@155.08ドルで売却しました。購入は18年10月@147.23で、ドル建てでは5%、円建てでは2.5%で利確しました。

米国株の評価益増でキャッシュ比率が下がってきたこと、米国株に若干の過熱感が生じてきたことからリバランスの意味を込めて売却しています。もうすぐ子どもが生まれるため、配当利回りの低いVISAを売却対象にしました。やはり高配当戦略から外れるグロース銘柄は、慣れていないせいかすぐ売却したくなってしまいます。銘柄数は1銘柄減って米国株8銘柄、日本株7銘柄の計15銘柄です。

3月はPG,VZが随分上がり、評価益はそれぞれ27%に達しています。高配当戦略なので評価損益に関係なく我慢強く保有し続けたいと考えています。

日本株は配当落ちの影響もあり悲惨な状況です。日産自、スバルは相変わらず悲惨ですし、残業代未払いで問題になったKDDIも急落しました。KDDIは結構安い時に仕込んだと思っていたのですが、さらに安くなってしまいました。追加投資を検討してもよい水準だと考えています。

一方で6800億円の特別損失を出したみずほ銀が思ったより下がらなかったのは意外でした。みずほ銀はアラサー世代の就活時期にも墓場と言われていたほどなので、市場期待が低かったのかもしれませんね。時期を見て売却したいところですが、当面は塩漬けにして様子を見たいと思っています。

セクター別はこちらです。VISAの売却で情報技術セクター比率が下がり、他は少しずつ上がりました。こうしてみるとセクター毎に忌避こもごもな状況であることがわかります。妻が産休に入ってしまいキャッシュインが減っていることと、出産に伴うキャッシュアウト増が見込まれていることから、4月は割安銘柄が出ない限り個別銘柄への投資は見送る方針です。

■配当収入の推移

3月は3月は配当に恵まれた月となりました。IBM, XOM, PM, JNJ、Vから配当金が216.6ドル、JTから5977円入金されました。日本円換算で約299oo円と3万円に迫る金額となりました。昨年12月と比較して年末の大暴落で仕込んだPM(25株@69.8)への追加投資分だけ配当が増えています。

Snowゆうぞうは毎月配当を見える化しています。数字として見える化しておくことで、市場が荒れても冷静でいられます。

アラサー東大卒のゆとり節約生活

さて最近はIBMの投資に関連し、量子コンピューターの技術を勉強し始めました。量子コンピューターはテーマ株として取沙汰されていますが、きちんと理解している人ってどれくらいいるのかな~って疑問です。「量子」って工学部でそこそこ勉強した人でも思い出さないとピンとこないレベルの内容ですよね。

「量子テレポーテーション」、「量子もつれ」は量子コンピューターの重量キーワードなのですが、正しく理解されていないような気がします。正しく判断するためには、相応の判断能力のベースとなる知識を身に着けることが必要です。現時点では量子コンピューターの優位性と劣後点を人に説明できるレベルまで腹落ちできていませんが、近いうちに本ブログでも取り上げたいと考えています。

アラサー東大卒のゆとり節約生活

下記バナーから各ランキングページに戻れます。

 
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-株式投資

Copyright© アラサー東大卒のゆとり節約生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.