PR

未分類

2020年6月末の資産構成

2020-07-04

2020年6月末時点での資産確認です。資産報告はブログとしての価値がそれほど高くないので、2020年より四半期ごとの記事化としています。

総資産と個別銘柄の状況確認、配当収入、ブログ記事とアクセス数を紹介します。コロナショックで株価の大幅調整がある中で人の懐事情が気になっている方もどうぞ。

スポンサーリンク

目次

保有総資産と資産推移
保有株式
配当収入の推移
ブログ資産
4-6月は8記事投稿
4-6月は2冊読了

保有総資産と資産推移

7月4日現在の総資産は14,417,658円でした。コロナショックによる株価下落の影響から株価がやや戻したこと、ボーナス支給、給付金3人分、コロナ影響で支出が減ったことで資産大幅増となりました。それでもコロナ前までは戻していませんが、気長に投資を続けるのみです。

過去の資産推移です。自動車購入、妻の国民年金保険料2年分の追納に加えてコロナショックで資産大幅減の影響が響いています。また妻の退職に伴いダブルインカムが終わってしまったので、これから資産を伸ばすのは難航しそうな予感。。。

保有株式

20年6月末現在の保有株一覧です。4-6月の変更点は保有数量と平均取得額を赤字にています。コロナ影響を見極めるのは無理だと判断し、変わらず細々と拠出継続することにしました。 銘柄数は変わらず米国株9銘柄、日本株7銘柄の計15銘柄です。

2020年6月末現在の米国株(XOXM,IBM,JNJ,VZ,KOPM,OPF,MMM,GE)と日本株(日産自、スバル、伊藤忠、三井物産、JT,KDDI,みずほFG)

4~6月にXOMを17株@44.4ドル、KOを45株@44.7ドル、VZを33株@53.9ドル、PMを5株@69.67ドルで計4143ドル購入しました。また株式併合で単元株が変更になるみずほFGを500株@137円で購入しました。みずほFGは損切りで持ち分を減らすかどうか迷ったのですが、6万円程度なので切り上げる方向で買い増しとしました。

現金比率が下がっている中での購入は辛いですが、調整局面でも無理のない範囲で購入を続けることが出来ました。

妻名義で2018年1月より購入している積み立てNISAのEMAXIS Slim先進国インデックスは変わらず淡々と3.3万円分積み立てです。3月末で一時含み損になりましたがきちんと値を戻してきています。引き続き割り切って淡々と積立するのみですね。

スポンサーリンク

配当収入の推移

4月はKO, PM,GEから145ドル、5月はVZ,PGから93ドル、6月はIBM, JNJ, XOM, MMMから376ドル、みずほFG、KDDI、三井物産、伊藤忠、SUBARUから計28033円の配当受領です。日本株配当分も含めてドル換算(110円/ドル)して積み上げ棒グラフにしてあります。調整局面でも持ち株をホールドし続けられる精神安定剤になっています。インデックスも悪くないですが、今のところ銘柄選定をした「高配当」投資の強みが活かせています。

ブログ資産

4-6月は8記事投稿

いつも帰省で潰れるGWがコロナ引きこもりとなってしまったので、暇つぶしに企業分析等をやってみました。久々に多めです。

業績考課で高査定を勝ち取るために

サラリーマン恒例行事の業績考課も終わり、昨年度の査定が固まった方も多い時期ではないでしょうか。業績考課は賞与額のインセンティブ部分の増減に効いてくるので会社員なら数少ない関心事の一つではないでしょうか ...

続きを見る

危険物取扱者甲種の受験記~一発合格~

サラリーマン生活では資格取得も一つの仕事です。製造業等の工場で出番の多い資格で、「危険物取扱者甲種」を2013年に受験・一発合格しました。 これから受験を控えている方、自己啓発で受験を検討されている方 ...

続きを見る

充電池はアルカリ乾電池よりお得~コスパ徹底比較~

ゲーム機や子どものおもちゃなどに使う電池。よく使う機器だと頻繁に電池交換が必要になりますよね。 毎回アルカリ乾電池を使用するとお金がかかるけど、充電池はちょっとお値段が高いですよね。どれくらい使えば充 ...

続きを見る

【総合化学7社徹底比較】復活の東ソーor堅実な信越化学

【2020年3月期版】日系化学メーカー大手の長期推移を様々な指標で比較してみました。日本株ではBtoBビジネスの地味な製造業である化学メーカ。景気動向を受けやすく浮き沈みが激しい業界の中でも、投資対象 ...

続きを見る

【重工メーカー比較】国内大手4社なら住友重工

日本株ではBtoBビジネスの中でもビッグスケールの製造業である重機メーカー。日経平均よりは穏やかで比較的景気動向を受けにくい業界の中でも、投資対象としての魅力は規模に比例しません。 国内大手4社の三菱 ...

続きを見る

【製薬大手5社徹底比較】国内大手ならタケダよりアステラス

【2020年3月期版】製薬会社はCMでも馴染みのある人が多い企業群ですね。医薬品は人の生死にかかわるので景気動向を受けにくくい業界ですが、個別株だと明暗がはっきりしています。 国内大手の勝ち組はアステ ...

続きを見る

【大手5社徹底比較】電子部品ならムラタor日本電産

【2020年3月期版】直接的には馴染みがないけれど、意外と身近な製品に使われる電子部品メーカー。スマートフォンの普及とともに大きな恩恵を受けている業界ですが、個別株だと明暗がはっきりしています。 国内 ...

続きを見る

no image
PVランク1位獲得~ありがとうございます~

GWのブログ執筆が実り、ブログ村配当・配当金カテゴリーPVランキング1位を獲得できました。 辺境の弱小ブログにお越しいただいて本当にありがたい限りです。既に首位陥落しているみたいですが。 結構気合い入 ...

続きを見る

ブログのPV数、UU数、記事数の推移(2017年9月~2020年6月まで)

5月はtwitterでのバズりでちょっと増えましたが、収入は一向に増える気配がありません。ドメイン代・サーバー代の回収がギリギリで初期投資が回収できるのもいつになることやら。懲りずに細々と続けていきます。

4-6月は2冊読了

4-6月に読了した本を紹介します。3か月で2冊と相変わらず遅く、しかも今回は1冊がハズレでした。

19世紀の心理学者アドラーの心理学を、日本人哲学者の岸見一郎氏が入門向けに書き下ろした新書。「入門書」ではありますが、所謂大学の先生が書いた「入門書」。文章も非常に冗長でまどろっこしく、ザ・哲学者が書きましたというような、ふんわりした表現です。じっくり「考える」ことに喜びを見出す人向けで、理系人には遠回しすぎてイライラするかもしれません。

アドラー心理学といえば「嫌われる勇気」で一躍有名になりましたが、こちらの方が入門書としては良かったのかもしれません。ただこちらも岸見一郎氏も著者です。第一人者なんでしょうが書籍の文題との相性があるので、僕は読まないと思います。。。

次は会計のビジネス新書。8年前の社会人1年目に買った本です。久々にひっぱり出してみました。当時はかなり難解で理解に苦労した記憶があるのですが、今見てみると非常にコンパクトに概要がまとまった分かりやすい本という印象に変わりました。ブログ書き始めてから企業会計・財務にはかなり詳しくなったようです。

「出世したけりゃ」というセンセーショナルなタイトルですが、実際にこの本の中身を知らない人は企業で出世する資格はないでしょう。管理職の入学要件クラスの知識を身に着けるにはちょうど良いレベルだと思います。20代でこのレベルを着実に身に着けておけば、数字で上司と議論でき同僚からも頭一つ抜け出せること間違いなし。初学者にはややハードルが高いかもしれませんが、企業人には必読の一冊です。

5月にブログ執筆を頑張りすぎて意欲がわいてこないのと、公害防止管理者試験やpython習得などを重視したいので、しばらくは記事が少な目になりそうです。

クリックで応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

この記事はいかがでしたでしょうか。

-未分類

© 2020 アラサー東大卒のゆとり節約生活 Powered by AFFINGER5